業務委託の誤解によるトラブル

インターネットが普及している今、仕事をする上では様々な方法がありますよね。
業務委託を請けて、フリーランスとして仕事をしている方の中には、お住まいの地域ではないクライアントからの仕事を引き受けている方もいるでしょう。
インターネットがあれば、打ち合わせなども簡単に行うことが出来ますし、書類のやりとりなども気軽に行えますからね。
しかし、こういった遠隔でのコミュニケーションにより、トラブルとなっているケースもあります。

ここでは、業務委託の誤解によるトラブルについてご紹介しましょう。
地方のクライアントから仕事を請ける際には、実際に会社まで出向き、打ち合わせを行うことは少ないと思います。
メールや電話などでやりとりをしているケースが、ほとんどでしょう。
そのため、こういった遠隔コミュニケーションにより、契約内容や仕事内容などを誤解して受け止めてしまうケースがあります。
仕事が進み、納品となった際に「話した内容と違う」とトラブルになることもあるでしょう。
仕事を進めるためには、お互いの受け取り方が同じでなければ、成り立ちません。

こういったトラブルを防ぐためには、出来るだけメールなどでやりとりの内容をしっかりと残しておくことが大切となります。
面倒であっても、細目に電話連絡をし、確認していくことも大切。
「これは、どういったことだろう?」と少しでも疑問に感じた場合には、すぐにクライアントに連絡し、確認してから仕事を進めていくことが基本。こういった工夫をしていくだけでも、誤解によるトラブルはかなり防げるはずですよ。

フリーランスとして仕事をしている方で、遠方のクライアントからの仕事を引き受けている方は、誤解によりトラブルへと発展してしまう可能性もあります。
これらのトラブルを防ぐためには、日頃から細目なやりとりがポイントですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です