コミュニケーションの必要性

仕事内容の確認や、スケジュールの確認、管理というものはフリーランスに限らず仕事に従事する人には必要な事項になっています。
業務委託で仕事を依頼する場合や、また仕事を請け負う時にはこの仕事の内容やスケジュールの確認はとても重要なポイントになってきます。
何度も同じ内容の仕事を発注したり、受注している場合は、いつもとは違うポイントについての連絡をきちんと行っておくように習慣づけておくと良いでしょう。
確認をする時は、勝手に思い込まないようにすることがトラブルを避ける方法になります。

想像と違った結果になる場合は、お互いの思い込みで進んでしまった場合です。
そのため、何度もお互いの考えなどについて話し合うことが必要ですし、また普段からのコミュニケーションが必要ではないかと思います。
コミュニケーション能力にもよりますが、何度も会話をすることや文章などでやり取りをすることで、お互いの意思の疎通が早く正確になってきます。
家族では通じる会話が、他者とは通じないことがあるのと同じと考えて良いでしょう。
これが会話なら通じなくても、誤解が生じていても笑い話で済んでしまうことは多々ありますが、仕事では大きな問題になってしまいます。

できるだけこのようなトラブルは避けるように考えて、もしもの時を考えておく必要があります。
業務委託はトラブルがあるものと考えてみてはどうでしょうか。
どのようなトラブルが起こり得るのか、と考えてみます。
内容に関する理解度のトラブルの場合、そのトラブルを防ぐためにはどのような資料や、打ち合わせが必要なのかが分かってきます。
報酬に関するトラブルはどうでしょうか。これも事前に想定して、対応を考えることが出来るのではないかと思います。
もちろん、想定外のことも起こることもありますが、普段からこのような考え方をしておくと、突然のトラブルに見舞われた時に、落ち着いた対応をすることが出来ますし、最小限に済ませることも出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です